発酵食品と酵素サプリメントと酵素ドリンクの話題と効果など

Just another WordPress site

酵素サプリメントをおすすめしたいのはこんな人

   

どんな人が飲むとよい?

酵素サプリメントは薬ではないのでこういったことに効くと明言すると薬事法違反になってしまうが、酵素を含んだ製品は一般に幾つかの身体的不快感を解消するのに有効であると言われている。
酵素サプリは種類が豊富で、どの酵母(たとえば納豆菌や麹菌等)を原料にして何から作っているかによっても成分が違うが、多くのメーカーでは、寝ても寝ても疲れが取れないと言う人の倦怠感改善、胃腸が弱く消化力が弱い人の機能補助、便秘や下痢の改善、体臭や口臭の原因になるたんぱく質の腐敗ガスの分解の補助によるデオラント、ダイエットの補助、老廃物代謝を高め美肌を作る効果などを期待する人に酵素の飲用を勧めている。
酵素単体だけではなく、他の成分を一緒に配合した複合的製品もあり、相互作用が期待できると言われており、ハーブや漢方素材などを配合したドリンクも人気がある。代表的な組み合わせには肝機能や消化機能を向上させると言われるウコンエキスとの配合、腸内環境を正常な状態に近づけ、便秘や下痢、体臭、吹き出物などを軽減する作用が期待される乳酸菌等がある。
また、酵素はその高い酸化還元能力によって、シミやそばかす等の肌トラブルの改善や美白などを期待できるため、乳液などの化粧品や入浴剤等に配合されていることもある。このように製品バリエーションが豊富であることが酵素の強みのひとつである。身体の内と外両方から酵素を取りいれられるので自分のライフスタイルに合ったお好みの品を選んでほしい。

酵素と美容

世間には、様々な美容のためのサプリメントが出ており、消費者は選択肢が多くて助かる半面、どれを選んでいいか分からなくなると言う悩みにも襲われている。美容系のサプリメントの働きには、肌あれを防ぎ、肌の生まれ変わりを活発にし、肌の傷を修復する手助けをしてくれるもの、それと並んで、皮膚を紫外線などの刺激から守ってくれるもの、腸内の細菌バランスを整え、栄養の吸収や排泄を活発にすることで健康を保つ(効果があると言われている)もの、エネルギー代謝を高め、発汗などを促しカロリーをより多く消費して痩身を目指すものなどが挙げられる。酵素、酵母、補酵素(コエンザイム)等の生化学を利用したサプリメントは、代謝を高め、細胞の修復速度を速めるとともに消化を助け、腸内の環境を適正なバランスに導く「中からの綺麗」をサポートしてくれる製品群だと言われている。ただし、酵素の種類によってその働きは微妙に異なるため、選択が難しかったり、面倒くさかったりする場合には多くの種類の酵素を含んだ複合的な製品を選ぶと楽だそうだ。因みに酵母、酵素、補酵素どれが効くかという論争がたまにネット上などで起きることがあるが、自然の状態ではこれらは互いに強いつながり(酵母は酵素を生み出し、補酵素は酵素の働きを助ける関係)を持っており、且つ、全く別の成分であるので、比べる事はあまり意味がないと言われている。サプリメントは人によって作用の強さや、効果が出るまでの時間が異なりあう製品も人それぞれなので根気強く探すとよいだろう。

酵素ダイエットって?

世の中の女子や、時に男子にとって気になって仕方がない数字のひとつに自分(時にパートナーや友人の)の体重があるのではないだろうか。ただ単純に体重が多いことが肥っているという事ではない。身体についた脂肪の量が規定値より多いことが肥満の条件である。脂肪は下腹に溜まりやすいと言われており、メタボリックシンドロームの診断は腰回りの太さをはかって下すことが多い。また、水分の滞留によって体がむくんでふとって見えることもあり、むちむちぽっちゃりしたお腹やふくろはぎ、朝が来るたびに大きさが違う顔(化粧で誤魔化そうとすればするほど刺激で腫れあがってしまったりもする)などに悩んでいる人が多いようだ。
ただ単純に体重を落とすだけでは、肌荒れやバストの縮み、肌のたるみ、脱毛等を引き起こす可能性があり、美しさにダイエット(和製英語。治療が必要なほど太っている人にしか使わない語であり、マイナスイメージが強いので、本来はシェイプコントロールというのが正しいそうだ)を繋げることは中々に難しいことだとされる。
酵素ダイエットとは、消化吸収機能や代謝を高めると言われている酵素の働きを利用して行う体重管理のことである。根本から体質改善してリバウンドの無いダイエットをしたい人に人気がある。酵素の入ったジュースなどを朝食もしくは昼食などと置き換える手法を取る人が多く、手軽に携行できるサプリメントを利用する人や、本格的にこだわって酵素液を手作りする人など熱の入れようは千差万別である。

酵素の美肌効果

私達はビタミン、タンパク質等の栄養素を食物から取り入れている。胃や小腸、大腸と言った消化吸収器官内の消化酵素が、食物の分解吸収に役に立っていると言われているが、時に何らかの理由で消化酵素の働きが悪くなることがある。そうすると、体は充分な栄養を摂取することができなくなり、末端の細胞まで栄養をいきわたらせることができなくなる。結果肌のたるみや、黒ずみ、吹き出物、カサツキと言った様々な皮膚トラブルに見舞われてしまう可能性が高くなると言われている。特にダイエットをしている人は食物の摂取量が少なく、その分栄養失調になりやすい傾向にあるとされるので注意が必要だ。また、腸内の粘膜は口や肛門と表裏一体であり顔面の皮膚は腸の状態を表すモニターであると言われている。腸内に未消化の残留物があると、大腸菌などがそれを腐敗させ、腸内の環境が悪化してしまうために、口内炎やニキビなど熱性の肌荒れや粘膜の痛みが生じやすくなるとも言われている。
荒れてガサガサになった皮膚表面は上手く呼吸ができないので水分を補ってやっても吸収され辛い。化粧品の良いものを使う前にまずは腸内の環境と代謝をよくしてやる必要があり、酵素は体の内から美肌を作り上げたいと願う人たちに選択され、愛用されている。なお、その酸化還元能力によって美白効果があると言われている酵素もあり、それら配合した入浴剤や化粧品も酵素サプリメントに劣らぬ人気があり、インターネットやドラッグストアで入手できるそうだ。

酵素と便秘対策

便秘は本来排泄されるべき食物の残りかすが直腸および大腸内に残留する現象だと言われている。植物性のものをカロリー摂取のメインにしている生き物は吸収に時間がかかるため腸が長く、便秘になりやすいと言われている。特に日本人は腹筋が弱いために排便する力がなく、便を出し切れない人が多い。便秘が続くと、腹痛や、喉のつかえ、息が便臭くなるなどの弊害が出てくるが、重度の便秘の場合、腐敗ガスで膨張した消化器官が他の組織を圧迫して嘔吐してしまう事すらあると言われている。便秘の状態では腸が熱を持つので、裂肛等の痔になりやすくなる。
また、長時間便秘を解消できずにいると、菌類の働きによって大腸がんのリスクが高くなるとも言われている。便秘の解消には食物繊維や乳酸菌を使った整腸剤や、腸壁を刺激して便通を促す下剤、肛門からグリセリンなどの液剤を注入して強制的に排便させる浣腸剤などが用いられるが、常日頃から便秘の状態に陥らないように、野菜類や蒟蒻など食物製品を含む食品を摂取し、胃腸に負担のかかる油脂や動物性のたんぱく質(大腸菌が大好き)を控えることが大切だと言われている。また、消化をきちんとし、腸内に残る食品のカスの量を減らし、排泄による直腸にかかる負担を減らすことも大切だとされ、その働きを助けるために酵素サプリメントを毎日飲む人も増えている。便秘解消には水分の摂取も大切だと言われている。錠剤をのむときにはたっぷりの湯冷まし(冷たすぎる水は胃腸を疲れさせるのでNG)で飲み込むとよいそうだ。

朝すっきり起きられない

朝、ベッドから中々出られない、よく寝坊する、何とか起きられても頭がぼーっとして朝食を食べられない。時にベッドから起きて立ち上がるときに眩暈がしてもんどり打って倒れてしまうことがある。そんな人は低血圧を疑った方がよいかもしれない。私達の血液が血管の壁を圧す力を血圧と呼ぶ。心臓が縮んで血液を送り出す瞬間の血圧を最高血圧と呼び、弛緩して次に収縮する準備をする時の血圧を最低血圧と呼ぶ。最高血圧は通常百mmHg以上が下限の正常値とされるが、中には七十等極端に低い低血圧症になる人もいる。一般に低血圧症は若い女性に多い病気であり、年齢を重ねるにつれて徐々に血圧は高くなっていくと言われているがあまりにも血圧が低く、生活に著しい支障をきたす場合には昇圧剤と言う血圧をあげる薬が処方されることもあるが。ただし、降圧剤と違ってあまり知名度は高くない。
低血圧の原因は様々だが、その一つに冷えや、喫煙、不摂生、栄養失調などによる血流量の不足が挙げられる。血流が不足すると酸素の輸送路の働きが弱まり、酸欠に陥りやすくなってしまう。頭痛やめまい、肩こり、だるさの他に溜息が妙に増えると言った状態が続く場合は酸欠を疑った方がよいかもしれない。血液量を調整するのにはある程度の筋肉が必要だが、その組織形成には分子同士を結合させ、組織を組み立てる同化作用を促す酵素が欠かせない。筋肉の生成に関わる物質としてはユビデカレノンと言う補酵素(コエンザイム)が確認されており、ナスやキャベツ等の野菜に多く含まれているが、熱や酸で失活しやすいのでサプリメントで補うとよいと言われている。

二日酔いと酵素

「仕事が終わって一杯、と言うのが人生の楽しみ、酒があるから仕事を頑張れる」と言う方も読者諸氏の中には多いのではないか。しかし飲み過ぎて次の日二日酔い(宿酔い)になって苦しんだ経験がある人も多いはずである。アルコールが変化したアセトアルデヒドが体内に残留し続けると吐き気、むかつき、頭痛などが起きるのだが、二日酔いになるかならないかは個人差があり、アルコール分の分解を促すアセトアルデヒド脱水素酵素をどれだけ肝臓が分泌できるかが焦点となってくる。酵素の分泌量によって悪酔いをほとんどしないいわゆるザル、もしくは上戸であるGG、少しは飲めるが酔いやすいAG、全く飲めず、飲むと強い拒絶反応が出るAAの3タイプに分類されると言われている。日本人はこの酵素の分泌量が少ないAGやAAのタイプの人が多く、酒に弱い人が多い民族であると言われている。ロシア人が平気で飲むウォッカ(度数は40度近い、火酒とも呼ばれ、実際にライターなどを近づけると着火する製品もある。)等を一気飲みしようものならば、大体の人が急性アルコール中毒でひっくりかえってしまうのが落ちだ。
実際に医学的に有効性を認めるには今少しの情報採取が必要だと言われているが、酵素サプリメントの中にはこのアルコール分解を助ける作用をうたったものがある。消化機能や肝機能をサポートするウコン(ターメリック)と配合したものなどが人気があり、インターネットで簡単に入手できるので気になる方は入手されてみてはいかがだろう。

 - 酵素サプリメント